ホーム → 九寨溝ツアー 九寨溝旅行コツ
                                 

九寨溝方面ツアーの参加について:

九寨溝へはツアーで行くのが大体 3 種類に分かれます。

日本発団体旅行ツアー

  HIS 、阪急、クラブツーリズム、 JTB 旅物語が九寨溝安団体旅行ツアーが催行しています。旅行費用は激安です。団体旅行で九寨溝を楽しんで行きたいなら、ぜひご利用ください。

現地発九寨溝個人旅行ツアー

 弊社が西安発・成都発・北京発・大連発・重慶発・広州発・上海発九寨溝個人旅行ツアーを取り扱っています。
自由自在に九寨溝を個人旅行したいなら、ぜひご利用ください。パッケージツアーのほか、ご希望に応じ、オーダーメイドツアー作成も致します。個人旅行ツアーの特徴はお土産店での買い物無し、自由度が高い、観光時間を十分保証し、スルーガイドが全行程貴方様ご一行だけの世話を致します。カップルや家族旅行にはお勧めします。

中国人向けバックツアー

 このようなツアーは中国人向け国内旅行バックツアーで、信じられないほど旅行費用が安いです。その代わりにほぼ強制参加に近い沢山のオプショナルツアーがあるし、旅行中平均1日4軒前後お土産さんにも強制的に寄らせます。お土産店に寄らないと、ガイド(当然中国語ガイド)に叱られます。オプショナルツアー参加しないとガイドさんに散々苛められるほか、ずと煩く後に付き、参加を要求します。勿論、これぐらいのことで、クレームになれません。出しても旅遊管理局には無視されます。あとは食事が悪い、ドライバーさんやガイドなどが態度がとっても冷たい時もよくあります。なので、このようなツアーは中国通レベルの日本の方にお勧めします。参加コツは

A, お土産店によりますが、買い物しなくても結構です。

B, オプショナルツアーは沢山ありますが、その中の一つだけ選んで参加すれば、ガイドが落ち着き、 2度と煩くほかのオプショナルツアー参加を要求しなくなる。

九寨溝溝中の観光について

 九寨溝観光のベストシーズンは当然毎年の10月7日〜10月20日の間です。紅葉も綺麗だし、水も豊富で、九寨溝一年中最高に綺麗な季節です。
 九寨溝では主に渓谷や瀑布や湖を見るから、光線がいい時に行かないと、中々その美しさをよく感じられません。なので、午前中に重要ポイント瀑布と湖を見るのがベスト選択です。
 お勧めは朝07:00ホテルの出発で、入り口から混在バス利用して、午前中:五彩池 →孔雀河道→珍珠灘瀑布のルートをまず上記の3箇所を見て、午後はお好きなようにどちらを回っても構いません。もし、九寨溝2回入場観光の場合、 2回目入場の午前中は、まず臥龍海→樹正群海→樹正瀑布→老虎海→サイ牛海を回るのをお勧めします。つまり、九寨溝午前中の観光は2つルートをお勧めします。
  A, 五彩池 →孔雀河道→珍珠灘瀑布
  B,臥龍海→樹正群海→樹正瀑布→老虎海→サイ牛海
上記のルートなら、午前08:00〜10:30の間は殆ど観光客少ない(団体さんはいつも朝から別のポイントから回り始めるから)、ゆっくりで、静かに九寨溝の絶景風景をお楽しみできます。それに、午前中は上記のようにポイントを回って、すぐ早めに昼食食べたほうがいいと思います。九寨溝溝中のレストランは大体11:00からやるので、12:00前後になると、大変一杯お客様が集まり、長い列を並ぶほか、食べるテーブルさえ見つけるのも大変苦労します。

 当然あくまでも上記のツアーは参考ツアーで、現地事情により、お客様の希望により、満足できるツアーのほうが一番だと思います。

九寨溝の宿泊について

 九寨溝入り口には沢山ホテルあります、何れも九寨溝に近いですが、しかし歩いていける距離ではないんです。殆ど車で4・5分間前後の距離です。
 ホテルの設備もそんなに大きな違いありません。4つ星ホテルなら、新九寨溝賓館・金龍漁港・千鶴賓館・星宇国際酒店・中旅大酒店などで中々いいと思います。特に新九寨溝賓館は食事も部屋もサービスも良いホテルです。
  5つ星ホテルなら、シェラトン九寨溝はご推薦です。ホテル設備は勿論、九寨溝入り口にも近いし、便利です。
  ほかに5つ星の九寨天堂酒店もありますが、最近オーナーの東南アジアでの宣伝で、東南アジアの旅行社の指定高級ホテルになっています。部屋代がかなり高いかわりにサービスがイマイチです。日本人はよく温泉プールを目指してそこに泊まりますが、殆ど悪い印象が残ります。お勧めしません。


九寨溝での買い物について

 九寨溝で記念物買いたいなら、九寨溝の日本語と英語解説のDVDデスクや写真集やテイシャツなどをお勧めします。九寨溝の樹正寨でも溝中レストランでも買えます。あと、九寨溝町は九寨溝溝中で売っている品物と変わってないものが売られています。特に回る必要がありません。でも、町の散歩と食事するなら、町に出掛けてもいい思い出になると思います。