お客様現在の位置:ホーム>>雲南旅行>>元陽棚田 

元陽棚田


概 況


写真集


道路交通情報


ホテル情報


ツアー
         

元陽棚田撮影・元陽棚田旅行・元陽棚田概況

元陽は中国撮影名所地としてよく名が知られていますが、日の出、日没、雲海、棚田、山城などの景色を撮影と観賞するベスト観光地です。撮影なら、ベストシーズンは 1月と2月ですが、普通の観光なら、9月から翌年4月まで全部満足できる景色が見れます。

元陽への交通:

昆明〜元陽:330キロ、舗装道路で、一部は高速道路です。
元陽(県町所在地・南沙鎮)〜元陽棚田撮影地(新街鎮):30キロ、舗装道路
元陽の日の出や日没を見たいなら、昆明から専用車をチャーターして行ったほうが便利です。

元陽撮影ポイント:

元陽の撮影ポイントは殆ど県町から約30キロ離れる新街鎮周辺の村落に分部しています。

お勧め撮影と観賞ルートは:
第一撮影と観賞ポイント:多依樹村。元陽県町から約55キロ、新街鎮から約25キロ。

撮影と観賞内容は:多依樹棚田の日の出と雲海
撮影場所:多依樹村の道端又は山上又はその周辺のお気入りの行ける場所。
ベスト撮影タイム:夜明け時と午前中。

第二撮影と観賞ポイント:麻栗寨。元陽県町から約43キロ、新街鎮から約13キロ。新街鎮と多依樹村の間にある。

撮影と観賞内容:ハニ族の棚田、雲海、民居などの建築。
ポイント地点:全福荘棚田、覇達棚田、麻栗寨棚田、上馬点棚田とハニ村落です。
ここの棚田色は午後 16 : 00 以後、白?ピンク?真っ赤?ピンクの順序に変わるので、中々素晴らしいです。
撮影場所:道端でも良いですが、山道を沿って村へ行く途中にも結構見晴らしの良い場所があります。また、棚田の畦を歩き、ハニ族村に入って撮影するのも感動する撮影ルートになると思います。
撮影タイム:昼間。

第三撮影と観賞ポイント:老虎嘴。元陽県町から約50キロ、新街鎮から約20キロ。

そこからの棚田撮影は空撮のように感じます。幅広い棚田は目の下に展開していて、まるで巨大な白花が満開しているようです。老虎嘴棚田は撮影家たちに世界最壮美な田園風景とも評価されています。
撮影タイム:午後から夕方まで。

第四撮影と観賞ポイント:龍樹覇。元陽県町から約34キロ、新街鎮から約4キロ。

夕焼けと日没を撮影するベスト地点です。冬なら、水面に紅い水草が浮いています。夕焼けに照らされた棚田は真っ赤になり、何とも言えない美しい夢幻な景色を成します。
撮影場所:桃荘村付近の舗装道路から50m〜100m下りた棚田の畦。
撮影ベストタイム:夕方日が沈む時。

上記の四大撮影と観賞ポイント以外、ハニ族の村落と棚田を撮影できる場所も沢山あります。殆ど4 大観光ポイントの移動途中に位置しているので、時間がたっぷりあれば、十分ゆっくり楽しめます。

元陽棚田の宿泊:

個人旅行なら、新街鎮での宿泊をお勧めします。新街鎮には招待所しかないんです、有名なのは元陽県人民政府招待所< 0873-5622316 、雲梯酒楼、新街便民旅社と三ソ客桟です。