お客様現在の位置:ホーム>観光地>ミニヤコンカ>概況

ミニヤコンカ


概 況


写真集


道路交通情報


ホテル情報


ツアー

 中国語の意味は白い氷河と雪に覆われた雪山です。山脈は四川省康定県、ロ定県と石棉県境界に聳え立ち、主峰海抜7556m、四川省の最高峰で「蜀山の王」とも呼ばれている。周りに海抜5000mを超えた雪峰は145個もあり、71本の巨大な氷河も形成している。一番長いのが海螺溝氷河(1号氷河)で、全長 14 、 7 キロ、総面積 16 平方キロ、最高地海抜6750m、最低地海抜2850m、幅500m〜1100m、高さ1080m、中国今まで発見された氷河の中で一番長くて壮大な氷河です。

 また、原始林、現代氷河、金糸猿、レサパンダなどの野生動物と数多い高山植物よく保存されているから、1997年中国国家自然保護区に指定されました。

 現在のミニヤコンカ海螺溝氷河辺りは観光地に開発され、氷河、雪山、温泉と高山植物が数多い観光客を引き寄せています。