お客様現在の位置:ホーム>観光地>黄龍>概況

黄 龍


概 況


写真集


道路交通情報


ホテル情報


ツアー

 黄龍は阿覇チベット族、チャン族自治州・松藩県に位置し、成都〜都江堰〜茂県〜松藩〜黄龍のルートで行 くと距離は約380キロ、所要時間約10時間;成都〜綿陽〜平武〜黄龍のルートで行くと、距離は約570キロ、所要 時間約12時間です。 九寨溝・黄龍空港から約56キロ、1時間半ぐらいで行ける。

 黄龍観光区は第四紀の氷河侵食でできた大規模なカストル地形で、河水水分に炭酸カルシウムの成分が多いから、河水が山上から麓へと流れるうちに段々枯れた木の枝とか、落ち葉とか石とかに溜まり、数多いの湖が形成した同時に川底にも黄色い炭酸カルシウム溜まった。上空から見ると河全体が一匹のドラゴンが山を登ってる形してたことから黄龍と名づけた。

 黄龍観光区は山に位置し、麓の入り口から一番山上の見所まで距離は片道約3.6キロ、落差 は 約500メータですが、徒歩なら登り約2時間半、下り約1時間半も掛かる。3.6キロの河 床に は 2300個余りの湖が段々畑のように分部し、凡そ8個ぐらいの湖群を成し、何れも夢幻な色 と 特 別 な形を持ってるから黄龍の独特な「人間世界仙境」の景色と評価されている。

 それに1992年12月14日世界自然遺産に登録され、 1997年世界生物保護ネットに参加 、 20 00年 人間と自然生物圏保護区に登録されました。

黄龍の観光ポイントは:

明鏡投影:面積約3600ヘ平方メートル、湖約180個。投影と雪山が綺麗に撮れる。

争艶池:面積約2万ヘ平方メートル、湖約658個。色んな鉱物湖底に溜まってるし、各湖の水深 もそれぞれ違うし、周りも色んな植物囲んでるから日差しにより、時間と角度によって、金色 、緑色、真っ赤色、オレンジ色などに見えたりするので、極めて見る価値がある。

五彩池:面積約2万1千平方メートル、湖約693個、黄龍の最大の湖群です。河の発源地に一番 近い湖なので、一年中水が豊富です。また、「人間世界の瑶池 (天国のお妃使うプール) 」とも呼 ばれる黄龍最高の見所です。太陽光線により、紺碧、紫、翡翠緑などなど言葉では表現できな い色を呈します。晴れる日の日差し強い時は撮影する一番のタイミングです。お昼頃( 13: 00〜14:00)は一番いいと思います。

黄龍観光の形:

 黄龍の観光は徒歩観光と籠利用観光の2つの形です。黄龍の一番下の入り口(海抜3100メー タ)から一番高い所(海抜約3500メータ)の見所まで、片道約3.6キロ、海抜の落差は450メー タもありますから、無理せずに自分の体力と相談しながら観光するのが正しいんです。

 徒歩なら登り2時間半、下り1時間半、観光道が登り道と下り道に分かれているが、同じ道使っ て登り、下りしても構わないんです。つまり自分の好きなように道を選んで観光すればよいで す。でもマイペースで観光するのが高山病防ぐコツですね。要注意ください。

 籠利用するなら、入り口から一番上までの片道料金は220人民元/人、往復440人民元/人です。 籠は基本的に登りも下りも下り専用の道使うが、重要なポイントとなってる見所には停まって 籠屋さんが観光地をガイドするんです。ただし、全ての見所全部回れないのですね。お勧めは 登りは籠利用で、約1時間半;下りは登り道を沿って自分で観光しながら下りする。そうしたら 、 全ての観光地を気楽に観光できる。

黄龍観光ベストシーズン:

 黄龍の観光シーズンは4月下旬から11月下旬までですが、水豊富な時期は7月、8月、9月と 10月中旬までですので、ベストシーズンは上記のシーズンです。

黄龍の入場料:

  黄龍の入場料は110人民元です。

  サービスとして、 60歳以上のお客様が80人民元です。