お客様現在の位置:ホーム>観光地>稲城亜丁>概況

稲城    亜丁


概 況


写真集


道路交通情報


ホテル情報


ツアー


稲  城

  四川省のシャングリラとも呼ばれ、 四川省東南部甘孜州自治区に属し、人口約3万人、 96%以上がチベット族です。県町の海抜は3800m、境内は主に高原と山です。ミニヤコンカ山脈と海子山山脈が県境内を貫いていて、県総面積の1/3を占めています。
  気候は高原季風気候で最低気温は約マイナス5度、最高気温は12度ぐらい、6〜8月は雨季で、11月から3月までは冬季です。
  天然牧場、高原、チベット族村、青空、河、ポプラの木などがシャングリラの風景を成しており、撮影家たちが憧れの撮影地です。
  境内の主な観光地は:亜丁三大神山、海子山、温泉などです。

亜  丁

  シャンバラ王国と呼ばれ、総面積7323平方キロ、人口 2万人、海抜は約3750mです。最近観光業の発展につ れて多くの観光地が開発され、四川省のもっとも注目されている観光地になっています。
 境内には氷河遺跡の海子山や、風光明媚な三大神山・仙乃日山(6032m)、央万勇山(5958m)と夏諾多吉山(5958m)や、温泉などがあるのです。
 現代の工業が全然ないところなので、自然風景が昔のまま残り、理想国のシャングリラとも思われていて、撮影者の絶えずに訪れる観光地となっています。