お客様現在の位置:ホーム>観光地>チョモランマ>概況

チョモランマ


概 況


写真集


道路交通情報


ホテル情報


ツアー


チョモランマ概況:

チョモランマはチベット語でチョモ(珠穆)は女神の意味で、ランマ(朗瑪)は3番目の意味です。というのはチベット人がチョモランマ峰とその周辺の4つの高い峰を五大神山と呼んでいて、チョモランマは五大神山のナンバー3だそうです。
 
チョモランマは中国とネッパルの国境に位置し、東経86.54´、北緯27.54´、海抜8848m,世界一の高い山です。巨大なピラミッド形を成し、雪線高度は北坂5800m〜6200m 、南坂5500m〜6100mで、頂上から麓まで548本の氷河も分部していて、氷河の総面積は1457.07万平方キロ、平均厚さは7260mもある。

また、チョモランマ周辺に海抜7000mを超えた峰が40も過ぎている、有名なのは「洛子峰」、海抜8463m、世界4番目高い峰;馬か魯峰(8463m)、世界5番目高峰;ツォ・オユー 峰(7589m)、章子峰(7543m)、努子峰(7855m)、普莫里峰(7145m)などです。

チョモランマへの行き方:

今、ラサ→シガツェ→定日(シェカル)→パンラ峠→ロンブク寺→チョモランマB.Cのルートで
行くのが一番便利ですし、費用も激安です。
上記ルートなら、四輪駆動車又はワゴン車をチャーターして行けます。路線バスはシガツェまで
走っていますが、シガツェを過ぎたら路線バス毎日発車するではありませんし、チョモランマまでの路線バスも走っていませんから、路線バス利用不可能です。

途中ヒマラヤ各巨峰の撮影と観賞する地点:

@カツォーラ峠Aパンラ峠Bオールドティンリー(老定日)Cロンブク寺 DチョモランマB.C
見れる山はそれぞれチョモランマ、ローツエ、マカル、チョーオーユーです。特にパンラ峠では
日の出と日没の景観は素晴らしいです。

チョモランマベスト観光シーズン:

チョモランマ峰は一年中いつでも見れる山ではありません、見れる季節が決まっています。
4月〜5月、9月下旬〜10月。それ以外の季節は殆ど見れませんので、行ってもそんなに意味ないと思います。


今世紀20年代から今まで数多い登山家がチョモランマ登頂を挑戦しましたが、代表的な登山運動を下記のようになっています。

1921年 イギリス登山隊 ジャールス初めて登頂挑戦、海抜7000mまで上がった
1922年 イギリス登山隊 酸素提供設備を持って、海抜8320mまで上った
1923年 イギリス登山隊 途中で止めたが、2名も登山隊員行方不明
1933年 イギリス2人が飛行機を操縦してチョモランマ峰を越える
1953 年 5 月 29 日 ニュージランド人がイギリス登山隊員として、ネッパルガイド・ダンゼンさんの手伝いで、ネッパル側から登頂成功
1956年 アボトを初めとするスイス登山隊が登頂成功
1960年5月25日 中国登山隊員王富洲、貢布、屈銀華が始めて中国側の北坂から登頂成功
1963年 アメリカ登山隊登頂成功
1975年  日本人田部井淳子がネッパルから登頂成功、初めて登頂成功の女性になりました。
1975年 中国登山隊が 9 人登頂成功、チベット族隊員の藩多は中国側から登頂成功の初めての女性になりました。
1978年  オーストリア人のビトとイタリア人のメースナが酸素使わずに登頂成功
1980年 ボーランド人が始めて冬に登頂成功
1988年 中国、日本、ネッパル三国国家登山隊が始めて南北を越えて登頂成功、登山 12 名全員が登頂成功。